キネステティクス®

ーキネステティクス®とはー

 

キネステティクス®の学問は行動サイバネティクス博士であるフランク・ハッチ氏とレニー・マイエッタ氏により約40年間に渡り築き上げられてきました。

 

お2人は行動サイバネティクスの学問を元に沢山の研究や経験をまとめあげ、キネステティクス®という「動き」の学問をつくり、現在ドイツ語圏を中心として拡大しています。

 

 

ーキネステティクス®各コースご案内ー

 

キネステティクス®の学問では、1人ひとり、自分自身の「気づき」を深めながら体験を通して段階的に学んでいきます。

下記に各コースで行われる内容を簡単にご説明します。

 

ーキネステティクス®ベーシックコース体験会ー

ベーシックコースで行われる内容を一部体験する事ができます。(3時間程度)

 

ーキネステティクス®ベーシックコースー

キネステティクス®とは? キネステティクス®概念とは何か?

動き(動きの質)と健康への影響は何か?   など

英語で表すと「what」という部分に着目します。

*受講修了後はアドバンスコースに進む事ができます。

 

ーキネステティクス®アドバンスコースー

キネステティクス®概念をどのように現場で応用していくのか など

*受講修了後は、認定プラクティショナーコースに進む事ができます。

 

ーキネステティクス®認定プラクティショナーコース―

キネステティクス®の根拠は何か?同僚や対象者の方へどう伝えるか など

 

ーキネステティクス®ベーシックコース教師養成コースー

 

ーキネステティクス®アドバンスコースー

 

*一部のコースには受講条件があります。

 

 

ーキネステティクス®の概念ー

 

キネステティクス®では、人の動きを「6つの概念」から分析する事ができます。

6つの概念とは

 

「インタラクション」

人にはどんな感覚があるのか、人と人との間にはどの様な関係があるのか など

 

「機能からみた解剖」

キネステティクス®の視点からみた人のつくり、動きの中での役割 など

 

「人の動き」

人にはどんな動きのパターンがあるのか など

 

「力」

動きの中にはどのような力の種類があるのか、体の中でどんな力が働いているか など

 

「人の機能」

概念が組み合わさり、どのように機能するか など

 

「環境」

環境と人の動きの影響 など

 

*この6つの概念の中にも付随した小概念があります。

 

 

ーキネステティクス®概念と「健康増進」ー

 

「動き(動きの質)」と「健康増進」への関わりについても学ぶ事ができます。

例えば、血圧、消化、排泄、呼吸、骨、筋肉、リンパなど・・・

動きの質が血圧、消化などにどの様な関わりがあるのか、体験を通して学びます。

 

*開催方針に関して

当事業では、セミナーの質を上げる為、基本的に他職種の教師(トレーナー)を含め、2人体制で行っています。